読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄のRockなブログ

好きな音楽、美味しい食べ物、それから仕事観についてもちょっと語ります。

今日の一曲 デンジャーデンジャー

キッスのアルバム クレイジーナイトを紹介した後はこの曲。

DangerDanger [クレイジーナイト]

曲としてのクレイジーナイトといえばこの曲。

ものすごくご機嫌な極上のハードポップです。

イントロから笑いが出る位ご機嫌です。

この曲は良くテレビのバックでも流れていたので、聴いたことあるなという人もいるかな。

このデンジャーデンジャーというバンドは良いよ。Bのブルーノ ラヴェルは曲をわかっているね。天才だよ。

この曲は2枚目のアルバム[SCREW IT]の9曲目に入ってるよ。

一枚目のアルバムがヒットした後の勝負のアルバムでした。いいアルバムだったが思ったほどヒットしなかった。一気に大スターになってもおかしくなかった。

Vのテッドポーリーは甘い声でハードではないがこの手のハードポップを歌うとぴったり。

1枚目は個人的にはあまりハマらなかったがこの2枚目は良かった。のちにVがポールレインに変わるが、その中にも良い曲がある。今度紹介します。

1991年発売だがこの25年後とんでもないアルバムを出すとはこの時誰もわからないだろう。

ブルーノあんたやっぱり天才だよ。

デンジャーデンジャーは後何曲か絶対今日の一曲で出てくるからバンドの紹介はその時に追加します。

クレイジーナイトという曲はハードロックバンドである以上絶対歌わなければならない定番のタイトル。こんなベタなタイトルありますか?

こんなベタなタイトルをつけて曲が悪いとそのバンドの威厳にかかわる。もう大喜利の世界で誰かがクレイジーナイトとお題を出し、各バンドが競って曲を作る。そのくらいクレイジーナイトにあたることは多い。そんなにはずれない。今日の一曲でも今後クレイジーナイト何回出てくるかな。

Jpopでは絶対つけないタイトルでしょう。恥ずかしくて、コレがハードロックですよ。良いでしょう。

 f:id:gemrock:20170312064137j:image