読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄のRockなブログ

好きな音楽、美味しい食べ物、それから仕事観についてもちょっと語ります。

今日の一曲 スキッド ロウ

スキッド ロウ [ユース ゴーン ワイルド]

ハードロックの定番ソングです。

かっこいい歌といえばこの曲。

89年発売。

このバンドはボン・ジョヴィの弟的な売り出しをいていたが、音楽性はあまり似ていない。

セバスチャン バックというロックスターがボーカルのバンド。

この曲はヒットしました。

スキッドロウは個人的にはこの曲だけが好きなのだが、このデビュー作を好きな人は多いのでは。

もともと産業ロックのほうが好きな人間からしたら、少しメロディが弱いかな。

ただこの曲は別だ。

この後さらにハードになって行き、ヘヴィメタルぽくなったので、ちょっと。

 

ヘヴィメタルまで行くとハード過ぎる。

ヘヴィメタルとハードロックの境界線は何処なのか?

同じ様でファン層はかなり違うはず。

多分ヘヴィメタルが好きな人は、ソフトになるとちょっととなるだろう。

メタリカが基準かな?

このメタリカの大ヒットアルバムを好きになれたかどうかで、判断できるのでは?

自分はダメだった方。

難しい。

アンスラックスは良くてメタリカは駄目だったのだ。

ほんと好みである。

軟弱なやつとヘヴィメタルファンは思うかもね。

本当にヘヴィメタルファンは難しい。

ストライクゾーンがそれぞれで、もうマニアの世界だ。

自分は雑食派なのだがそれでもストライクゾーンがある。

その自分のストライクゾーンを紹介している。

ただアルバムというか、バンドの中から一曲だけが好きは結構多い。

だから金がかかる。

その一曲の為にアルバムを買う。何度経験したか。

このスキッドロウも同じだ。

3枚目までは頑張ったよ。でもそこでついていけなかった。

このスキッドロウはLAメタルの部類だが、LAメタルって結構そんなの多い。

批判ではない。感想だ。