読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄のRockなブログ

好きな音楽、美味しい食べ物、それから仕事観についてもちょっと語ります。

アンセムの世界 その3

ギタリストは誰だ。

 

福田洋也 中間英明 清水昭男

 

これまた、なかなかな問題だ。

アンセムといえば、福田洋也

好きなギタリストといえば、中間英明

アンセムに1番貢献してきたのは、清水昭男

 

お前は、何を血迷っているのだ。

そんなことは絶対にあってはならない事だとわかっている。

 

やつはアンセムで何もしていないじゃないか?

ゴメンなさいわかっているのだ。

 

中間英明

 

アンセムのギタリストは中間英明だ。

曲が書けないのもわかっている。ギターも本当は、清水昭男の技術には達していないことも承知の上だ。

 

リーダーと絶対合わないのもわかったうえであえて書いている。

 

ヒロヤはどこにいったのだ。清水とヒロヤを比べるのならまだ許せる。中間はないよ。

そんな声に耳をふさぎ言わしてもらいました。

 

アンセムリードギターはこの人しかいないのだ。

中間英明の圧倒的な存在感にはどうしてもかなわなかった。

 

反則だが曲は絶対清水昭男に書いてもらわなければならない。

 

リーダーの曲より好きだったりする。

そんな曲がった意見を書いてしまった。

 

あの20周年さえなければこんなことにはなっていない。

なんて罪なことをリーダーはしたのだよ。

あの映像を見た後では、もう北島康介状態だ。

 

[なんもいえねえ〜]

 

ファンから石が投げられそうだよ。ゴメンなさい。

 

やはりギタリストは大事だよ。

もしできるのなら、リーダーと清水が曲を書き、日本一のギタリスト高崎晃に弾いてもらいたい。

一度でいいのだ。ラウドネスの曲ではなく、アンセム高崎晃を見てみたい。