読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄のRockなブログ

好きな音楽、美味しい食べ物、それから仕事観についてもちょっと語ります。

今日のレスラー紹介 木村健悟

プロレスの記事が、人気という事でこんなのも

始めよう。

 

これで、音楽記事とダイエットとプロレスの3つをランダムに。

 

仕事が、まだないな?

 

仕事感はいずれ書きます。

 

音楽は簡単だ。今聴いている曲の、点数付け。

ダイエットは、カロリー記録。

 

プロレスは?

頭に浮かんだレスラーの記憶を書こう。

 

なぜか1番に浮かんだのが、木村健悟だった。

 

稲妻レッグラリアートだ。

 

新日の黄金期を支えたレスラーだ。

 

当時は、猪木 坂口 藤波に次いで4番手に位置した。

 

フィニッシュホールドがなかったので、タッグのレスラーのイメージが強かったな。

 

だいたい外人レスラーに捕まり、猪木か藤波が最後にピンを取る。😢

 

ただ、技ができた。

稲妻レッグラリアートだ。

 

この技は、画期的だった。

 

前田日明のレッグラリアートは、回転してフォームも綺麗だが、この木村健悟は前から行く。

 フォームが残念だ。

 

誰が見ても効かないだろう。(笑)

 

別に、けなしている訳ではない。

それだけインパクトがあった。

 

このフィニッシュホールドで、格下相手にはピンを取っていく。

 

これが、かっこいいのだ。

 

応援したくなるレスラーだった。

 

平成維震軍の赤いユニホームを脱いで、黒のショートパンツで藤波とダッグを組んだ晩年の勇姿は鳥肌ものです。

 

あの映像は、ほんと木村健悟の功績を讃える新日のイキな演出だ。

 

現在は、闘病中らしいが還暦はゆうに、こえているので、大丈夫かな。

 

昭和の、名レスラーでした。

 

レスラー紹介は今回初めてなので、組み立てがまだかな。(笑)

 

もう少し書いていくとなんとかなるかな。

 

せっかくブログをやっているのだ。

目標は読者登録1000人だ。

 

その為には、なんでもやってみる。

よかったら、広めて下さい。(笑)

アクセス数も気になるのです。